青汁の苦みや匂いが苦手な人は、こうやって飲んでみよう

青汁と聞くと、あの濃厚な緑色が頭に浮かぶのではないでしょうか。あの色もなんとなく、苦そうなイメージが定着していませんか。また、青汁をためしに飲んでみたけど、味はまだいいかど匂いが苦手なわて声も聞こえてきます。

苦みや匂いはあっても

確かに青汁には独特の苦みや匂いはあります。しかし、それも原材料で新鮮なものをつかっていたり、それらの栄養素や効果はぎっしりとつまっている証しでもあるのです。

苦いから嫌、匂いが嫌というのは本当にもったいないのです。

苦みや匂いは苦手な人はこうやって飲んでみよう

昔は青汁もそのまま飲むべきだとされていましたが、今だといろいろな物を混ぜて飲むことが勧められています。混ぜて飲むことで、その効果をしっかりと受け取ろうと言う考えが広まって来ているのです。

大抵は混ぜても、青汁のもつその効果は薄れることはありません。ニンジンは混ぜると効果を薄めるので、ニンジンはやめた方が良いでしょう

では、まず苦味を消す方法としては次の物を混ぜてみましょう。

まずはハチミツです。ハチミツの適度な甘さで苦味は打ち消されます。ハチミツによって、青汁の効果もきえるわけではないので、おすすめです。たださ、カロリーは少し高くなるので、ダイエット目的で青汁を飲んでいるときには、ダイエット効果が出にくくなってしまうかもしれません。

次はオリゴ糖です。オリゴ糖は低カロリーで甘さも控えめなので、ダイエット中の人もとったりしています。それを青汁へいれて、苦さを抑えて飲む人も増えています。

先に紹介したハチミツやオリゴ糖を自分で買ってきて、青汁へと混ぜてもいいのですが、すでに混ぜた青汁もすでに販売されています。ハチミツ青汁やオリゴ糖青汁として売られているので、それを最初から飲むのもいいでしょう。

あと匂いが苦手という人は、レモンやミカンやグレープフルーツなどを絞って、その汁を青汁にいれるといいでしょう。
フルーツの匂いが青汁の匂いを緩和してくれて、飲みやすくもなるでしょう。
これもすでにフルーツ入り青汁が販売されています。ですので、それを購入して飲むといいかもしれません。

苦みや匂いは慣れてくるもの

最初の頃は飲みなれていなくて、それで余計に青汁苦みや匂いも、気になることもあります。
先に紹介したようにハチミツやオリゴ糖をまぜたり、フルーツを使うことでなれてきます。

また水割りで薄めて、回数を増やして、1日の摂取量を飲むという手もあります。

ぜひこれらを試せば苦手という人も、スッキリと飲めるようになっていくでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です